\即日キャッシングおすすめ1位/

トップページ > 東京都

「今すぐお金を借りたい」
「即日キャッシングを利用したい」

当サイトでは東京都でお借り入れをご検討中の方に、急ぎでもお金を借りれる即日キャッシング業者をご紹介しています。誰にもばれずにお金を借りたいなら、即日融資や即日審査に対応している大手のカードローン会社がおすすめです。(※最短1時間融資)

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日キャッシングできる

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「会社の同僚にバレたくない」と不安な方へ。ネット審査は誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも評判です。

東京都の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

借入の基礎知識コラム

家族や親族の急病で、ある程度高額なお金を急に用意しなければいけない。必要なお金が足りない、もしくは全く無いなんてことは誰でも一度くらいはあるものです。困った時の頼もしい助っ人となってくれそうなのは、信販会社で出しているクレジットカードなら、いいかもしれませんし、ATMのように気軽に利用できる消費者金融の貸付機などがあって助かりますね。係員がいないので変に気を遣わずに済み、時間も5分から10分ほどで手続きできることが多いようです。縁起でもないなどと言わず、いつでも最悪の事態を考えて下調べをしておくのもいいでしょう。借金返済には沢山のやり方が存在します。例え話をするならば、返済を次の返済締め切りに一括でする最もベーシックな返済方法の「1回払い」や、借り入れしたものを分割して返すことのできる「分割払い」など、返済方法は様々であり、借金を返す方法によって金利にも変化があります。休日に彼女と自分の友達のカップルとダブルデートをしていてふとした時に財布を見ると現金を入れ忘れてた!という経験がありました。金融機関は休日でやっていないし、どこかでお金を借りれるか?と一瞬焦ってしまいましたが、無事にお金必要な分だけ借りれました。それまではカードローンが休日でも利用可能とは全然思ってもいなかったので、借入が平日と同じように1日中可能なことが判明して本当に助かりました。とても便利なサービスです。少額のキャッシングでいいんだけど、キャッシングが行える最低の金額って、一体どれぐらいからなんだろう、という疑問を持たれる方も多いと思います。それについては一般的に個人の融資でカードローンの場合の最低額は、1万円からとなっていますが、千円単位からでもキャッシングができる金融会社もいくつかあります。カードローンサービスとカードローンをどう使い分けるのが便利なのか、分からない人も多いです。それぞれのサービスの特徴としては、カードローンは、借入限度額が数万円から数十万円と少なくなっているので、一括返済が基本です。一方、大口融資が可能で返済方法が分割払いのサービスがカードローンと言われるサービスです。このように、大口融資が可能なカードローンは、キャッシングと比較すると、審査に通りにくいと言われています。もし、お金を借りたいけれど、どのキャッシング業者を選べばいいのか分からないという場合は、ネットなどの口コミを参考にして申込する業者を決めるのも良い方法です。実際の利用者の口コミは、契約条件だけでは分からないところにも言及していることもあるので、とても参考になるでしょう。もちろん、利用条件が違いますから、全てを鵜呑みにするのは禁物です。知りたいことがあれば、そのキャッシング業者に問い合わせておくことが大切です。申込していない人にも丁寧に教えてくれますし、ご自分の条件を踏まえた上での回答ですから、何よりも参考になるはずです。キャッシングの返済日は厳守するようにして下さい。万が一、お金を返せなかったときは、いわゆる遅延損害金を支払わなければなりません。損害賠償としての意味合いが強い遅延損害金は利率が高く、通常の利息を含んだ返済金と一緒に返済しなければなりません。数回ならともかく、こうした遅延を複数回繰り返すと、契約解除され、一切お金を借りられなくなりますし、信用度によっては、全ての未払金を一括請求されることもあるので、常に返済日を意識するようにしてください。カードローン関連の規制でよく知られているのが、総量規制でしょう。その人の年収の3分の1の借り入れしかできないといった規制です。これは消費者金融の規制になりますので、銀行は管轄の法律が異なり、該当しません。すでに他社でキャッシングしている時はその分も含めた総額で判断されます。消費者金融や銀行のキャッシングは、いままで一度も利用したことがありません。あれは万策尽きたときにお金を工面する、最終的な方法だと思います。娯楽や趣味の支出は借りてまでするべきでしょうか。それに、程度の差こそあれ、毎月返済する分だけ生活が苦しくなるわけで、「計画的」に返すのではなく、「機械的」に借りて返してのループにはまる危険性もあります。利用するときは、慎重すぎるくらいで良いのです。使いみちを決めたら再検討し、自分で用意できる額を用意してからこれなら絶対大丈夫だという額にとどめておけば、延滞やループに陥ることもないでしょう。急にまとまったお金が必要な場合、勝手に貯金を使うことはできないという悩みがあるのなら、キャッシングがおすすめです。派遣社員やアルバイトでお勤めの方でも借りることができ、配偶者の方に一定の収入があれば、専業主婦でも融資を受けることができる業者も存在するのです。提示された条件を満たすことができたら、即日融資も可能です。

おすすめ1位のプロミス